WWDCに次行く人のためのやった方がいい事とか費用とか持ち物とか。

スポンサーリンク

WWDC
WWDCに初参加しました。色々思った事とかをメモとして残します。来年行く方が参考にしてくれたら幸いです。
僕も来年も行けたら行きたいです。


かかる費用 


最小限の見積もり(実際はもっと使うと思います。):


●WWDCのチケット= 120,000円
●ホテル×8泊 = 50,000円
●MiFi = 15,475 円
●航空チケット  = 100,000円
●レンタカー = 5,000円(6人で割り勘 ガス代込み)
●飲食 = 20,000円
●お土産代 = 20,000円

合計 = 330,475円

※なんか円高バンザイとかいって洋服とか沢山買ってしまいがちです。ドル80円なので費用も例年に比べれば抑えられているんでしょうね。




やった方が良いリスト


●事前にSilicon Valleyの企業に訪問して良いかメールを出す。何件かメールを出してみたけど全部OKだった。
Silicon Valleyの企業を見ると刺激になるし絶対行くべき!


[WWDC滞在記] Apple本社に行ってきました。 | Last Day. jpこの記事のはてな被ブックマーク数
[WWDC滞在記]Google本社に行ってきました。 | Last Day. jpこの記事のはてな被ブックマーク数




●ホテル近くのレストランとかあらかじめ調べておく。iPhoneアプリTripAdvisorマジオススメ!現在地周辺のレストランの口コミがわかる。
海外行ってマズイ飯はきつい。

TripAdvisor Hotels Flights Restaurants for iPhone, iPod touch, and iPad on the iTunes App Storeこの記事のはてな被ブックマーク数



●レンタカーの手配。国際免許の手配。
アメリカは車社会なのでSilicon Valley行くなら車で行った方が良いです。友だちと割り勘すればレンタカーもそんなに高くはない。




●世界中の国から沢山のDeveloperが来てるのでどんどん絡む!

どんなアプリ開発してるんだ?って絶対聞かれるので英語で自分のアプリの説明くらいは出来るようにしてた方が良い。
友達になりたかったらFacebookのアカウントを聞くと良いよ。


持ち物


●クレジットカード
アメリカはカード社会なのでコンビニで少額決済でも皆クレジットカードを使います。

※クレジットカード出すとdebit or credit?って聞かれるのでcreditって答えましょう。日本のクレジットカードはガソリンスタンドで使えない事多いからその場合は係の人に言う。
あと本人確認のためにID要求される事あるからパスポートも必ず持ち歩く。




●サングラス
結構日差しが強かったので特に運転する人はサングラスもっていった方がいい。




●ドライヤー
ホテルに常備されてなかったので。




●薬
自分が普段飲んでる薬。アメリカでも薬買えるけど、体に合わないかもしれないからね。




●寝袋とか防寒着。
初日Steve Jobs氏のKeynoteを見るために徹夜して並びましたが結構寒かったです。寝袋あると良い!




●MiFi

海外でもインターネット。モバイルルーター。

海外でインターネットするならMiFiがオススメ 専用USBも借りて24時間ネット使い放題 | Last Day. jpこの記事のはてな被ブックマーク数



●カメラ
僕はiPhoneで全部済ませちゃったけど、keynoteのSteve Jobs氏はiPhoneのカメラじゃ距離的に厳しかったので。




●電源タップ
ホテルにコンセントが2つしかなかったので電源タップは必須。




●外部バッテリー

MiFiを常時つけっぱなしにするには必須。



iPad、iPhoneで海外旅行や出張の際に事前に用意すべきアプリと周辺機器のまとめ | Last Day. jpこの記事のはてな被ブックマーク数

その他


ESTAの登録忘れずに。最近アメリカ渡航でもESTAの申請が必要になったので絶対忘れないように。

SFO(サンフランシスコ国際空港)からMoscone Centerの近くのホテルまでは電車が良い。BART。
タクシーだと$60します。Hotel側がバス出してる事もあるので事前に聞いた方が良いかも。僕のホテルは15ドルだった。

空港で係員以外の人が親切に道案内してくる場合は宗教関係者の場合多いから気をつけてね♥
サンフランシスコのダウンタウンはそこまで治安良くないので夜中に一人で出歩かない方が良いと思う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>