電子書籍『iPhoneアプリ開発奮闘記』を出版しました。

はじめに


iPhoneアプリ開発奮闘記
本日シゴタノブックスより電子書籍電子書籍『iPhoneアプリ開発奮闘記』を出版しました。450円で絶賛発売中です。文字数も2万字とiPhoneやiPadで読むにはちょうど良い文字数だと思います。



内容としては拙著『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』の続編になってます。最初のiPhoneアプリを開発してから10ヶ月が過ぎて僕はどうなったのか?を書きました。

電子書籍の魅力は何度も本の内容をアップデートできる事だと思います。新しい情報が出ればどんどん加筆して行きますので皆様よろしくお願いします。

iPhoneアプリ開発奮闘記 初めての開発で僕が学んだこと そして僕の周りで変わったこと « シゴタノ!ブックス-著者と読者がダイレクトに出会う電子書籍ストア-この記事のはてな被ブックマーク数



C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと
C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったことまたよし れい

秀和システム 2011-03
売り上げランキング : 11099


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




目次


はじめに

第1章iPhoneアプリを作っていて気付いた事。-

初めてのiPhoneアプリ開発から僕の周りで変わった事。

第2章私が作ったアプリケーションで学んだ事 –

Webサービスと連携して作ったiPhoneアプリ①「Fasterous」

Webサービスと連携して作ったiPhoneアプリ②「NozbeInbox」

第3章iPhoneアプリを沢山の人に使ってもらうために –

iPhoneアプリ アイコンの大切さを改めて理解

iPhoneアプリマーケティング 有料iPhoneアプリ×無料iPhoneアプリ

第4章 最先端に出会ってきて –

年に1回のアップルイベント WWDCに参加する

あとがき



またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。