[書評]あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログの作り方

スポンサーリンク

人気ブログOZPAの表4 «この記事のはてな被ブックマーク数を主宰する@OZPA氏がブロガーに向ける一冊を出版しました。

まず1つ目の感想としてはOZPAさんにしか書けない本だなという事です。どういう事かいうと本書はOZPAの表4をそのまま本にしたようなスタイルになってます。こういうスタイルは今までに見た事がなかったのでセンセーショナルでした。1ページ目から最終ページまで普段どおりの面白いOZPA節が炸裂しています。

スポンサードリンク

誰にも邪魔されずに書けるなんて、何て素晴らしいんだ!ワイは自由や!!自由なんや!! 東京生まれ東京育ちの自分が、関西弁でこんな感想を声だかに叫んでしまうほどに、それはそれは楽しい時間でした。P28


このスタイルを貫き通したのは随分思い切った事をするなーと思いましたが、他にはない唯一無二の本だし突き抜けてて面白いなと思いました。真面目な話といつものおちゃらけたOZPA節が交互に来るので途中で呼吸の仕方を忘れてしまいました。(まぁ嘘ですけど)

そして肝心の人気ブログを作るための方法ですが

こんなタイトルの本を書いておいてなんなんですが誤解なきよう記しておきますと、読者が多ければ良いブログというわけでは決してありません。ですが、「どうせ書いたブログなら多くの人に見てもらえた方が嬉しいし、自身のモチベーションにもなる」P32


とあります。これは僕も全く同じことを思います。


本書の一番の読みどころはOZPA氏が短期間で沢山の方に読んでもらうために色々試行錯誤しているところですね。細かいテクニックだったり、モチベーションの保ち方だったりこれはブログをはじめたばかりの人も長くブログを続けている人も参考になると思いました。

「自分ルール」を捨て去ることで広がる世界。


ブログ開設当初は、Evernote、iPhoneそしてMoleskine以外の事は記事にしないと決めていたOZPAさんですがブログを続ける上で様々のものに興味が広がって自分に興味があるもは記事にするようになったそうです。

僕も同じような心の変化があったのでこの部分を読んだ時には「うんうん」と頷いていました。

ブルース・リー哲学から学ぶ柔軟である事の大切さ。 | Last Day. jpこの記事のはてな被ブックマーク数というエントリーにも書いたようにあまりがっちりとしたルールに縛られずに柔軟にいきたいですね。ブログも人生も。

チャンスは書くことでしか生まれない


ブログは書き続ける事で視点が広がり、興味のある項目が増え、さらに記事が蓄積していくことで自分そのものを形成する事ができる。P106


僕の場合もブログを書き続けていなかったらiPhoneアプリとか作ってないし、ましてや本の出版もしていません。続ける事って中々難しいんですが、続けたからこそ生まれるものもありますよね。

さいごに


実はまだまだ書きたい事があるのですが、全てを書くのは不可能ですしOZPA氏も

扱うネタは「自分」というフィルターを通して、少しでも読者の皆様に何かを感じてもらえるような記事にしようと!


と書いてますので僕がポイントに思った所を「僕」のフィルターに通して書評を書きました。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>