アメリカ版プロブロガー本 「米国でのブログ売買の状況」

アメリカ ブログ売買

こんにちは、@sayobsです。アメリカのプロブロガーが執筆した『ProBlogger: Secrets for Blogging Your Way to a Six-Figure Income』を引き続き読んでおります。

前回は「ニッチなブログが成功する10の理由」という記事を書きました。

今回は米国でのブログ売買の状況をPro Blogger本から紹介します。

「米国でのブログ売買の状況」

ProBlogger: Secrets for Blogging Your Way to a Six-Figure Income
Darren Rowse Chris Garrett
Wiley
売り上げランキング: 581431

  • ブログ売買の現状
  • 何故ブログを売るのか?
  • 何故ブログを買うのか?
  • ブログを買う事のリスク
  • ブログを転売する
  • ブログの評価方法
  • ブログを買う時
  • ブログをどこで売買するのか?
  • ブログはいくらで売買されているのか

ブログ売買の現状

2007年くらいからブログの売買がアメリカで盛んに行われるようになりました。「The Blog Herald」は何度も大きい額で売買されている有名なブログ。

ブログの売買は株や物の売買と同じ。買い手、売り手、ブローカーまで存在します。 他の取引同様、リスク、詐欺なども報告されているので注意が必要。

何故ブログを売るのか?

利益を生むため

ブログを売る事ができれば当然まとまったお金が入ってきます。ウェブサービス同様に最初からバイアウトを目的にブログを運営している人もいます。

時間的制限やモチベーションの欠落

時間的にブログの更新が不可能になってしまった。ブログを更新するモチベーションがわかなくなった。そのまま残しておいても勿体無いのでやる気のある人に譲ろうという場合も多いようです。

何故ブログを買うのか?

トラフィックを集めるための時間を大幅に短縮できる

ブログである程度のトラフィックを集めるには時間がかかります。半年かかる場合もあれば1年、2年とかかる場合もあります。当ブログでも100万PVに到達するまでは2年と少しかかっています。

すでにトラフィックがあるブログを購入すればトラフィックを集めるための時間は省く事ができます。もちろんその分コストはかかります。

ブログデザインや路線の大幅な変更がいらない

すでに人気のあるブログを購入すればブログのデザインやRSS登録者も沢山居ますので、ブログの大幅な変更をする必要がありません。
過去の記事を研究して成功している法則を見つけて、真似をしてひたすら書き続ければ良いのです。

ブログを買う事のリスク

お金がかかる

人気のブログであればある程購入する価格は上がります。

ブログ運営者が変わるという事

ブログの運営者が変わると、今まで通り人気ブログ、順調にトラフィック、収益率を継続できるとは限りません。
むしろ読者が離れていく場合の事も考えなくてはいけません。

開示されていた情報と違う

売り手の開示されていた情報に間違いがある可能性があります。アクセス解析もアプリケーションによって計算方法が異なります。

また詐欺目的の売買もありますので、ブログ売買には注意が必要です。入念なリサーチの元で購入を決めるようにしましょう。

ブログを転売する

ここでは詳しく書きませんが、ブログの転売屋さんも居るとの事です。安値で買って高値で他の会社に売る。ブログの転売興味ある方は本書を読んでみてください!

ブログの評価方法

ブログの売買で参考にされている項目の一覧

↓のうちどの項目が重要になるかは買い手によっても変わりますので、あくまで参考程度に。

  • ドメインエイジ
  • RSS登録者数
  • Emailニュースレター登録者数
  • トラフィック数 (PV)
  • Google検索ワード
  • Facebookページいいね数
  • Twitterフォロワー
  • インバウンドリンク数
  • ブログデザイン
  • ドメイン (.comが理想的)短くて覚えやすいドメインかどうか?

ブログを買う時

上記に記した通りブログを購入する時は最新の注意を払わなくてはいけません。売り手の言葉をすべて鵜呑みにするのは危険過ぎるます。

www.archive.org/でブログのバックグランドチェックを必ずします。ドメインツール(http://whois.domaintool.com)で他の場所でも取引していないか確認しましょう。

ブログをどこで売買するのか?

それでは実際にブログの売買はどこで行われているのでしょうか?

オンラインオークション

1番ポピュラーなのはオンラインオークションです。規模が小さいものがほとんどです。

http://forums.digitalpoint.comや、http://www.sitepoint.comhttp://performancing.comが人気です。

ちなみにeBayでのブログ売買は単価が大幅に上がるのでおすすめしないとの事です。

直接取引

自分のブログに興味がありそうな人・会社に直接話を持ちかけてみる。家電を扱っている人気ブログであれば、家電を取り扱う業者・サイト運営者があなたのブログを買ってくれるかもしれません。

すでにブログの売買を経験している人に掛け合う

すでにいくつかのブログの売買を経験している人に相談するのもオプションです。

ブログはいくらで売買されているのか

ブログの値段を算出する正確な方法はありません。買い手、売り手両方が納得いく値段がブログの価格になります。10人のブロガーにブログの価値を聞いても全員が違う値段を言うでしょう。

ちなみケーススタディーで紹介されていたGayla Baerさんのブログwww.gaylabaer.com/ですが、$95,000(日本円で760万円)で売る事ができました。

さいごに

他にも4人の方のケーススタディーで実際の売買の様子が書かれてましたが参考になりました。具体的なトラフィック数、RSS登録者が書かれてなかったのが少々残念でしたが・・・

アメリカと日本では桁が1つ2つ違うと思うので、その辺もリサーチしてみようと思います。

ProBlogger: Secrets for Blogging Your Way to a Six-Figure Income
Darren Rowse Chris Garrett
Wiley
売り上げランキング: 581431

Thumbnail ブログを短期間で月間10万PVにする方法を公開します 僕の18個の戦略 | Last Day. jp

http://www.lastday.jp/2010/11/15/tactics-to-increase-blog-traffic


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>