環境が変わった時の習慣維持について考えてみた。

20121018-163947.jpg

先日「1ヶ月間ホテル生活をしてみて気付いた事とか書き留めておく。」という記事で、”1番痛かったのは環境が変わって習慣を維持出来なかったこと”と書きました。

毎日早起きして1時間散歩して午前中は何本かブログ記事を書くという、もう自分の体の一部になっていた習慣がものの見事に崩れ去りました。これはイカンという事で対策を考えました。

環境が変わった時の習慣維持について考えてみた。

こんな事言ったら身も蓋もないかもしれませんが、習慣維持を最優先にして意識的に生活するに尽きると思います。

ホテルってベッドが部屋の大部分を占拠してるんですが、朝はベッドから飛び出して散歩に出てしまう。

そしてシャワーを浴びてホテルの外のカフェでブログを1本でも更新する。ホテルに居ると居心地よくてついベッドに横になりながらダラダラしてしまうので、とりあえず外に出る。

と↑のように自分の行動をメモで残しておけば解決できるんじゃないかなと思ってます。また今月から沖縄に行って来月は海外に行くので、習慣維持できるように頑張ります。

3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉
ロビン シャーマ
海竜社
売り上げランキング: 8380

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>