YouTubeアナリティクスの使い方をまとめたよ。

Analytics 1
先日これからは動画時代の幕開けだという記事を書きました。その中でもYouTubeは世界最大の動画サイトなので使ってる人も多いでしょう。

「ブログ」と「Youtube」の関係を改めて見直してみませんか?〜 「Youtube アナリティクス」をチェックして知った驚愕の事実。に刺激を受けて記事書いてみました。

「YouTubeアナリティクス」を使うと簡単に動画のアクセス解析ができますので、使い方の紹介をします。

概要


YouTubeアナリティクスを使うと「誰が見てるか(Who)」、「どこから訪問してるか(Where)」、「どのように動画と関わっているか(Engagement)」の3つがわかります。

✔再生回数
✔ユーザー層
✔再生場所()
✔トラフィック ソース
✔視聴者維持率

それでは早速YouTubeアナリティクスを使ってみましょう。自分のアイコン→YouTubeの設定↓

Youtube
アナリティクス↓

Youtubeanalytics
アナリティクスにアクセスすると過去30日間のオーバービューが見れます。

Overview
アクセスの多い動画のTop10やどこからアクセスがあるかも見れます。

Where

フィルター


自分の動画を個々に解析できる「フィルター」が便利です。「コンテンツ」、「地域」、「期間」でフィルターをかけられます。フィルターの結果はダウンロードできます。(スプレッドシート)

Filter

再生回数


それでは再生レポートを個々に見て行きましょう。まずは「再生回数」から。②は全期間の再生回数です。全部の動画の合計再生回数です。

③は過去30日間の再生回数です。

④「推定再生時間」です。再生時間が重要になった事は先日YouTubeからアナウンスがありました。

参考:YouTubeが検索表示システムを変更、クリック数よりも再生時間重視 -INTERNET Watch

Playreport
日時統計は過去7日や週次統計、月次統計で解析できます。↓

Daily
統計情報の比較もできます。再生回数との比較です。比較対象には「再生時間」や「収益化対象の再生回数」などがあります。

Youtubeplay

「地図」をクリックすると、動画再生回数の多い地域が青く表示されます。僕のデータはあんまり参考になりませんね。日本だけなので。


Map
次に下に行くと動画再生回数TOP10の詳細が見れます。※集計できるのは上位 10 本の動画のみです。

Douga
地域を見ると国別の再生回数がわかります。これは便利ですね。世界に通用する動画・どこの国で再生回数が多いかを確認して動画のローカライズとか出来ますね。

僕の動画は英語圏の地域の再生回数多いので、とりあえず英語のタイトルも含めると再生回数もっと伸びそうですよね↓

Countries

日別の再生回数の統計もとれます。再生回数が多い日と少ない日何があったか検証できます↓


Daily 1

ユーザー層


次にユーザー層を見てみます。男性・女性が何%いて年齢別の統計まで出ます。ここまで詳細に出るの凄いですね。

国別の統計もでます↓

Data

再生場所


次はどこでYouTube動画が再生されてるかです。こちらも動画の種類によって変わってくるでしょう。

僕のアップロードした動画は他のウェブサイトに埋め込まれているものが良く再生されてるようです。

Where 1
「他のウェブサイトの埋め込みプレーヤー」をクリックするとURL別にどこのウェブサイトで動画が再生されたかわかります。便利ですねー。↓

Url

トラフィック ソース


トラフィックソースは視聴者がどこから動画を見つけて視聴しているかがわかります。こちらも重要な指標になりますね。

モバイルからのアクセスが多いのがわかりますね。

Traffic
さらに下のYouTube検索やGoolge検索をクリックすると、どんなキーワードで検索されて動画に来たのかがわかります。

おおー英語のキーワードで検索されてますね!!タイのプーケットで行ったスネークショーの動画が英語で検索されてます。(YouTube検索)

Search
次はgoogle検索です。YouTubeはgoogleの提供するサービスですので当然Google検索から動画を探す人も居ます。

僕の場合やっぱり英語のキーワードが多かったです。pipi islandはピピ島ですね。ピピ島の動画をアップロードしてます。(google検索)

Google
YouTubeでの再生回数見ると関連動画から来ている人、チャンネル登録をしてくれてる人ってのがわかります。(僕のは圧倒的に少ないので参考にならなくて、すみません)

Playtube
YouTube外での再生回数はGoogle検索が多いですねgoogleの動画検索でそこで動画を再生したのでしょう。

Google 1
最後にモバイルです。モバイルの再生回数1番多いですね。これも外部サイトの埋め込み動画が良く再生されるのが解析結果からわかります。

これは動画のコンテンツによっても、もちろん変わってくるでしょう。

Mobile

視聴者維持率


次に視聴者維持率です。自分の動画がどこで離脱されているかがわかります。離脱率の高い時間帯を調べる事で何故ユーザーが離脱したのか原因がわかります。

※視聴者維持率は個々の動画で調べる。

時間経過と共に離脱者が増えているのがわかります。↓

Sicyou 1

登録者数


最後に登録者です。チャンネル登録者ですね。ブログで言えばRSS登録者です。リピーターなので大事にしないといけない数字です。

国別・日別・登録元など詳細にわかります。

Subscribe

さいごに


僕のアクセス解析をみてもわかるように、やっぱりモバイルからきている人多いですね。動画をブログに埋め込むにしてもモバイルに最適化しないといけません。

あと海外からのアクセスも意識した動画作りが重要になってくると思いました。アクセス解析の記事書くと、動画もっとアップロードしたくなりますね。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。