SimロックフリーのiPhone5をタイ・バンコクで買いました。

スポンサーリンク

iPhone 5

愛用していたPocket WiFiが突然動かなくなったので、前々より気になっていたシムフリーのiPhone5をMBK(マーブンクロン)で買ってきました。

SimロックフリーのiPhone5

購入したのはいつも僕がプリペイドSimを買うMBK(マーブンクロン)の4階です。4階はモバイルショップが沢山ありますよ。

何件かショップをまわって値段が1番安い所で購入しました。16GBのブラックを24,000バーツで購入できました。(2012/12/09現在のレート:日本円で64,000円)

MBK

iPhone5の在庫不足が解消されて値段も正規の値段とほとんど変わらなくなってるみたいですね。ちなみにタイで買えるiPhone5は香港からの輸入盤です。

本体を買ったら、今度はプリペイドsimカードも一緒に買います。僕は自分が買ったお店でそのままsimカードも買いました。

iPhone5はnano simしか対応してないので、simカードをカッターで切ったり、削ったりしないといけませんが、ショップのお兄さんが全部やってくれます。

200バーツくらいで買えます:) Simの残高がなくなったら、セブンイレブンで電話番号を伝えてtop up(容量を買う)ができます。

Dtac3G

テザリング

DTACというキャリアを使っています。タイのモバイルキャリアは3つAIS、DTAC、True Moveとありますが、すべてテザリングにも対応しています。なのでiPhone5あれば、モバイルルーターは不要です:)

インターネット共有

他の国でも日本でも使える

Simロックフリーの端末なので当然日本でもタイ以外の海外でも使えます。僕はSoftbankとdocomoの回線あるので、どっちのsim挿しても日本で使う事できます:) #simはnano simに取り替えてもらう必要あります。

(Simフリー) 海外版 iPhone5 ブラック 16G
アップル
売り上げランキング: 19152

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>