映画感想「LOOPER/ルーパー」| #ネタバレ注意

スポンサーリンク

Looper
本作は「LOOPER/ルーパー」タイムトラベルものです。まぁ感想を率直に言いますと、微妙でした。トレーラー観た感じ期待できそうだったんだけどな。

ただ「クソつまらねー金返せー」とか、そういうレベルではないです。飽きる事なく最後まで観る事は出来ました。ただ物足りなかったし、オチも読めて何か、つじつまが合ってなかった。
ネタバレあるので、まだ本編観てない方は読まない方が良いです。

あらすじ・ストーリー


この映画はタイムトラベルが題材になっています。現在と30年後の未来の話。

30年後の未来ではタイムマシーンが開発されていてタイムトラベルができます。

しかし、タイムトラベルは法律で禁止されているんです。未来で人を殺すとすぐに身元がバレてしまうので、未来犯罪組織は禁止されているタイムマシーンを使い現代の世界(タイムマシーンのまだない)にターゲットを送りつけてジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)に殺人を依頼して証拠隠滅をします。

この未来から来た人を殺し証拠隠滅のために焼いてしまう仕事を通称「LOOPER/ルーパー」と呼んでいます。

そして話は進んで又いつものように未来から人が送られて来るんですけど、今回はいつもと様子が違います。ジョーが時計を見ておかしいなと思っていると間もなく、未来から人が現代に到着していつものように銃でバーンと殺そうとしますが、ジョーはためらいます。

何故かというと、そこに座っていたのは、な・・なんと未来から来た30年後の自分だったからです。ジョーがうろたえているうちに、未来のジョーに逃げらてしまいます。任務に失敗したジョーはもちろん自分の身が危なくなります。組織の追っ手から逃げる生活を余儀なくされます。

再びシーンは未来から自分が送らてくるシーンになります。今度は未来から来た自分を抹殺する事に成功します。「ん?どういう事?」と思うでしょうが、これは現代の話ではなくて、未来のジョーが過去に経験した話。

未来のジョーは「ルーパー」をやめて、中国・上海に渡りギャングとして暗躍します。歳もとり、相変わらず上海でギャングをやっているジョーですが、そこで運命的な出会いを果たします。

中国人女性に一目惚れします。この女性がジョーを変えます。今まで自己中心で犯罪ばかりに手を染めていたジョーを公正させ、やがて2人は結婚して穏やかに日々を暮らしています。昔の事を忘れかけていたジョーの元に「レインメーカー」率いる未来組織犯罪チームがやってきます。彼らはジョーの妻を殺害し、ジョーを過去に送りつけようとします。

怒り狂ったジョーはその場に居た未来組織犯罪グループを一網打尽にします。そして自ら過去に行き、子供の頃の「レインメーカー」を殺し、こんな事が2度と起こらない世の中に変える事を1人誓います。


話は再び現代に戻り、さぁここからどうなるか。最後のオチまで全部書いてしまう所でした(笑)この辺で感想にいっておきます。

「LOOPER/ルーパー」の感想


最初の未来から来た人の抹殺シーンはとても迫力があって「おおおー」と期待度も上がり映画に引き込まれていきました。未来から自分が来るところまでは良かったんですよね。ただこの映画「タイムトラベル」の話がテーマなのに、肝心のタイムトラベルについて、はしょりすぎてるんです。


タイムトラベルって中々難しい題材で「タイムパラドックス」の問題が出てきてるんですが、「LOOPER/ルーパー」ではタイムトラベルについての説明を一切放棄してしまってるので、残念すぎます。ここもうちょっと創りこんで欲しかったな。

「タイムパラドックス」って何らかの原因で起こると思うんですけど、例えば「バタフライエフェクト」のようなほんの些細な事でも良いんですけど、僕の観る感じなんで「タイムパラドックス」が起きたのかもわからないですよね。

あと俳優陣は豪華ですよね。現代の主人にジョセフ・ゴードン=レヴィット、そして未来のジョー演じる「ダイ・ハード」でお馴染みのブルース・ウィリス。

僕はジョセフ・ゴードン=レヴィットには「500日のサマー」とか「50/50」で演じた哀愁漂う冴えない男性役が似合ってるなーと。個人的にはこの映画の適役ではなかった気がします。あとブルース・ウィリスはやっぱりブルース・ウィリスで何か「ダイ・ハード」感が抜けないなー。

ちょっとネガティブな感想増えてしまったんですけど、劇中飽きる事はなかったです。最後まで観ましたし、それなりには楽しかったですよ。「LOOPER/ルーパー」観た皆さんはどんな感想お持ちですか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>