シドニーに公共機関が1週間乗り放題の「MyMulti 1」を買って市内観光 | #オーストラリア旅行記

シドニー国際空港でiPhone5用のsimカードを購入して、タクシーに乗り込み、妹が住んでいる場所まで向かいました。

オーストラリアは物価が高いです。空港から市内に出るのも、それなりにお金がかかります。妹が住んでいる郊外までおよそタクシーで65ドルかかりました。(日本円約6500円)

※市内まではタクシーだと35ドル – 45ドル 電車だと18ドルかかります。人数によってタクシーか電車を使いわけるのが良いですね。

「Mymulti 1」購入

MyMultiは指定範囲内のシティーレール、州営・私営のバス、シドニーフェリー、メトロライト・レールが乗り放題のパス。

利用可能範囲によって3種類に分けられている。シドニーとその郊外、セントラル・コース、ハンター、インワラの範囲で、距離や回数を問わず乗り降りできます。

名称 1週間 3ヶ月 1年
MyMulti 1 43ドル 452ドル 1,632ドル
MyMulti 2 51ドル 533ドル 1,929ドル
MyMulti 3 60ドル 638ドル 2,311ドル

今回僕らは「MyMutil 1」を買う事にしました。コンビニで買う事ができます。

DSC00051

これが「MyMuti 1」です↓ 値段は43ドル(日本円で4300円)です。

MyMult 1

バスに乗ってシドニー市内を回ります。

シドニーバス

お腹が空いていたので、Pub(パブ)に入って昼食をとります。オーストラリアにはパブが至るところにあります。フィッシュ・アンド・チップスとベジタリアンパスタ↓

オーストラリア Pub

昼間からビールも飲んじゃいました Jack of Beer(大きいビール)7ドル↓

オーストラリア ビール

お腹が満たされたところで、シドニー市内を歩き始めますが、この日はあいにくの雨です・・・せっかく夏なのに・・

↓は「Queen Victoria Billding」という有名なデパートです。通称「QVB」です。待ち合わせ場所として良く使われるそうです。

DSC00064

シドニーはアメリカと同じく色々な人種がいますね。移民の国という感じがします。中国人・日本人・タイ人・韓国人とアジア系の人々が多いような気がしました。

英語もオーストラリアの訛りどうなんだろうと、少々不安ありましたけど、聞き取りやすかったです:)

シドニー市内

シドニー

↓はライト・メトロです。「MyMult 1」で乗れますよ。

ライト・メトロ

写真を見て頂くとわかると思いますが、シドニー中心部でも街は綺麗です。オーストラリアの人はバスから降りる時にみんな「Thank you 」とバスの運転手にお礼します。礼儀正しいです。見習わないとなー・

オーストラリアは人も皆優しくて、住みやすそうです。(物価は本当に高いんですけど・・・)

シドニー夕方

夜になりました。妹おすすめのタイレストランに行く事になりました。シドニーには沢山のタイ人が住んでいるという事で、街中にもタイ人大勢いました。

タイに1ヶ月滞在してたのが懐かしい(笑)「Kha San」というレストランです。いかにもタイっぽい名前ですねー(笑)

シドニー タイ料理

店内にはトゥクトゥクもありました↓

トゥクトゥク

パッタイとトムヤンクンと定番のメニューを注文しました↓

パッタイ タイ料理

シドニー市内には沢山のタイ料理屋さんあるそうですが、ここ本当に美味しかったです。※一部高級なレストラン以外、オーストラリアはチップの習慣はありません。

トムヤンクン

お腹がいっぱいになって、今日は長いフライトの疲れを癒すために早目に就寝します。明日からはシドニーからメルボルンへ飛んで観光します :)

次回:シドニーからメルボルンにジェットスターで移動しました! | #オーストラリア旅行記

前回:オーストラリア・シドニー空港でiPhone5用の「OPTUS」プリペイドSim nanoを契約しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>