世界で日本語は9番目に話されている言語。| トリップアドバイザーのインフォグラフィックが面白い!

トリップアドバイザー インフォグラフィック
(via:トリップアドバイザー)

世界最大級の旅行口コミサイトである「トリップアドバイザー」が公開しているインフォグラフィック(世界で最も交わされている挨拶は?)が面白いです。僕らの住んでいる日本、こんな小さい島国で使われている日本語が世界で9番目に話されている言語だとは意外でした!

世界で最も交わされている挨拶は?

最も話されている言語は中国語です。中国の人口は13億人。世界各国に中国人は居ますから当然の結果ですよね。2位は英語です。世界で60カ国が公用語として英語を使用しています。フィリピンやシンガポール、インドの東南アジアでも公用語として使わていますよね。

3位はスペイン語です。ラテンアメリカの大部分を植民地としていたので、メキシコからアルゼンチンに至るまでアメリカ大陸(21カ国)で話されています。

4位はヒンディー語です。世界第2位の人口を誇るインドの公用語の1つです。インドでは22個の公用語があります。

日本語は9位です。日本語を公用語としている所は2カ国あるのご存知ですか?パラオ共和国のアンガウル州の公用語が日本語になっています。

僕も去年パラオに初めて旅行で行きましたが、昔日本が統治していたので日本語を話す人が多かったです。(親日でとても良い国でした。)

インターネット上で使われている言語

インフォグラフィックではインターネット上で使われている言語のTOP10も公開しています。1位は英語、2位は中国語、3位はスペイン語で、日本語は4位です。こうみると日本語って凄いですね!!

Via:世界で最も交わされている挨拶は? トリップアドバイザーのインフォグラフィックスで世界の旅が見える

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>