Walking Dead(ウォーキング・デッド)のコミック版をkindleで買った!

walking dead

先日、大学時代の友達と僕がハマっている「Walking Dead」に話になりました。

「原作版のマンガ読んだ?AmazonのKindleストアで売ってるよ!」と教えてもらったの、購入しました! ちなみに僕が買ったのはオリジナル版(英語)です。Kindleストアこういう時に便利ですね。
アメリカの商品もワンクリックで一瞬のうち手元に来て、すぐ読めるんですから。

Walking Dead(ウォーキング・デッド)

ちなみに少し高いですけど、日本語に翻訳されたものもAmazonにありました。但し、こちらはKindleではなくて紙の本ですね。

ウォーキング・デッド コミック

僕がhuluで観ているWalking deadの原作になっているんですが、コミックの方はドラマと違って、展開がめちゃくちゃ早いです。

1巻でドラマのシーズン1は終わってしまいます(笑)

ネタバレになってしまうので、詳しくは書きませんけどストーリーの全体像は同じなんですけど、細かい所でドラマの方が色々アレンジされています。

コミックなんですけど、なんというか絵は「あーこれアメリカ人が書いたなー」という感じです(笑)アメリカでは相当売れているみたいですよ。

huluで既にWalking dead観ている人は内容わかってるので、英語の勉強にもなると思います。読んでる感じ難しい単語はほとんど出て来ませんから。

まだ1巻しか買っていないので2巻も買ってみようと思います。

The Walking Dead
The Walking Dead

posted with amazlet at 13.03.12
Image Comics (2011-10-01)
売り上げランキング: 11,748

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>