【映画・感想】「ハングオーバー最後の反省会」を観て来ました 

Hangover
映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』オフィシャルサイト

今回のハングオーバーも、たっぷり笑わせてもらいました。正直Part3にもなると、ネタ切れなんじゃないの?と心配してましたが、そんな不安を笑いで吹き飛ばしてくれましたよ。

今回は今までのハングオーバーとは、話の流れが少し違います。ドラッグはもうお腹いっぱいでしたので、こっちのが良かった(笑)

あらすじ

今回はひとことで言うと〈ミスター・チャウを探せ!〉というお話。あっ、チャウっていうのは前二作にも出てきたアジア系ギャングのボスね。バンコクの刑務所にブチこまれていた彼が、まんまと脱獄するところからスタート。 一方、アランのあまりの極道息子ぶりにキレた親父さんがショックで倒れ、そのまま天国に…。
さすがに周囲も「もう面倒みきれんわ!」と呆れ、フィル、ステュ、ダグがアランを施設に収容しようと車を走らせる。
ところが(例によって)道中突然大物ギャングに襲われ、ダグが拉致られてあげく「返して欲しけりゃ、金を盗みやがったチャウ探してこい!」と命令が!

舞台はメキシコのティファナです。通称TJはアメリカ・カルフォルニア州とメキシコの国境にある街で色々ヤバい事で知られています(笑)

ベガス、バンコクと着たらティファナですよね笑

物語の中身は例のごとくめちゃくちゃなんです。アランの暴走ぶりも、パート3で完全体になっています。自分の友達だったら嫌ですけど、はたから見てる分には最高です(笑)

ここまで少し褒め過ぎましたので、すこし厳しい事を言うと、Part1の衝撃が凄過ぎて、やっぱり1には敵いません。(しかし、パート2よりは遥かに面白い。)

それでもエンディングはやっぱり秀逸で館内は爆笑の嵐でした。エンドーロールで帰っちゃダメですよ!(今までのハングオーバーシリーズ観ている人はわかりますよね。)

さいごに

僕は沖縄県の北谷にある映画館で観たのでお客さんのほとんどがアメリカ人という事もあって、盛り上がりが半端なかったです。

本編とは関係ないのですが、沖縄の映画館て200円、東京より安いんですね。映画ってやっぱり良いですねー。

1の感想は↓

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い – 2010年の最高のコメディー映画 | Last Day. jp

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>