フィリピン・マニラの治安ってどうなのか?実際に僕が行ってみた感想。

スポンサーリンク

フィリピン
ここ数年東南アジアを中心に旅を続けています。年々経済成長を続けるASEAN諸国の現状をこの目で見て体験したいからです。

しかし、フィリピンだけは行くのを躊躇していました。理由は単純で治安に対して不安があったからです。

以下は、実際に泊まった、空港周辺の様子

スポンサードリンク

フィリピンの治安をデータで


僕は東京都葛飾区の出身で近所にはフィリピン人の家族が沢山居ました。フィリピン人のセカンドジェネレーション(フィリピン系日本人2世)の同級生も数名居て、子供の頃からフィリピン人との関わりは多かったです。

マスコミの報道はいつもネガティブなものばかりで、殺人や強盗フィリピンの治安の悪さばかりにスポットライトが当たっています。

治安に関しては悪いイメージばかりが先行していますが、実際はどうなのでしょう?数字で見るのが1番わかりやすいので「フィリピンの治安」のデータを見てみましょう。

殺人 強盗 強姦
フィリピン 6.4 9.5 2.9
アメリカ 5.2 141.8 28.6
カナダ 1.7 97.1 1.5
イギリス 1.2 147.2 24.1
オーストラリア 1.2 78.3
ニュージーランド 1.2 52.8 30.9
日本 0.5 3.4 1.2

数値からわかるようにフィリピンは欧米に比べると犯罪率は低いです。意外に思った方も多いでしょう。

しかし、日本に比べるとやはり、犯罪率は高いので、滞在中は気をつける必要があります。(世界でも日本は異常に治安が良い国という事を忘れずに)

僕はフィリピンに行ってみて、アメリカのロサンゼルスの方がよっぽど治安が悪いなーと感じました。ロサンゼルスには危険区域がたくさんあります。

マニラは街の人たちも優しい人が多かったです。

今回某日系企業で働いている方に紹介して頂いてマニラ(マカティ)ローカルの方と一緒に飲む機会がありましたが、彼らは皆優しくて流暢な英語を話すのでコミュニケーションにも困らず、とても楽しい時間を過ごす事ができました。

こういう時にフェイスブック便利です。彼らとFBで繋がったので日本に帰っても彼らとコミュニケーション取る事ができます :)

また会う事を約束して夜中まで飲み明かしました。

ただし、それでもやっぱり海外なので、海外旅行保険に加入すべきです。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険保険が自動付帯のものがおすすめです。

リンク海外旅行保険が自動付帯の年会費無料クレジットカードを持とう!http://www.lastday.jp/2013/02/21/insurance-travelling

フィリピン
最近はフィリピン人も海外に出て働いている(Overseas Filipino Workers)が多いので、外国人に慣れています。今回僕が一緒に呑んだローカルの方の1人もシンガポールに20年出稼ぎに行っていたそうです。

僕が良く行く香港やマカオにもフィリピン人の労働者多く見ます。

マニラで気をつける事


✔夜遅く1人で出歩かない。

✔大金を持ち歩かない。

✔日本人大勢で大きな声を話して歩かない。(フィリピンの物価は日本に比べると随分安いです。日本人はお金持ちだと思われています。)

✔派手な格好をしない。(僕はハーフパンツにTシャツにビーサンです(笑))

ニノイ・アキノ国際空港は世界1悪い空港と悪名高い空港です。日本人だとわかると「社長、社長」と言ってチップを求めてきます。どこの国にも善人・悪人は居ますが、報道で知られるような悪い側面だけではありません。

フィリピン人は心優しい人が多いなと、今回の滞在では感じました。

僕、またよし れい(@sayobs)は、旅行を予約する時は、いつもエクスペディアを使ってます。

国内・海外旅行を1番安く済ませるためには、オンライン旅行会社「エクスペディア」がおすすめな理由

スポンサードリンク

コメント

  1. ティーナ より:

    マニラいってみたい!

  2. 大城正彦 より:

    一度お伺いしたい

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>