沖縄から台湾へチャイナエアライン搭乗記。習いたての中国語を試してみるの巻 | ベトナム・ホーチミン旅行記

スポンサーリンク

2013年11月4日から8日まで、ベトナムのホーチミンに行きます。僕は沖縄在住なので、那覇国際空港から台湾の桃園空港を経由して、ホーチミンのタンソンニャット国際空港まで向かいます。
http://www.lastday.jp/2013/10/30/okinawa-naha-flight-time-asean) まずは自宅から那覇国際空港まで向かいます。

那覇国際空港


国内線の空港に比べると、こじんまりとしています。(国内線の空港のすぐ隣なので、歩いていけます)


那覇国際空港

荷物検査の場所も1つしかありません↓

荷物検査 那覇国際空港
ゲートからバスで、飛行機まで向かいます。前に見えるの今回乗るチャイナエアライン(中華航空)です。

チャイナエアライン
2014年2月17日にオープンする、新しい那覇空港新国際線ビルも建設中でした↓

那覇空港新国際線ビル
機内に乗り込みます。今回機内で試したい事があります。最近中国語を習い始めたのですが、先日のレッスンで、「機内での中国語会話」を勉強したので、習った内容を実践してみよう思います。

早速搭乗してみましたが、さすが台湾の航空会社です。皆さん日本語ペラペラ(笑)それでも、中国語で頑張って、ドリンクくらいは注文しようと、心に決めました。

機内食も出ました。

機内食

中国語に挑戦


「チャンスはここだ!」という事で、頑張ってコーヒーを注文してみました。

またよし れい(@sayobs)「空姐。我要咖啡。我也要糖和牛奶。(CAさん。コーヒーください。砂糖とミルクもください。)」

言えた!!!たったこれだけですけど、我ながら通じて感動しました(笑)

桃園国際空港


那覇から台北までのフライト時間は約1時間20分です。中国語で注文して、感動しているうちに、台湾に到着です。いやー本当に沖縄から台湾は近い!!

僕は乗り換えをするので、乗り換え専用のゲートも向かいます。

台湾桃園空港
ターミナルも移るようなので、スカイトレインに乗って移動します。

スカイトレイン
次のホーチミン行きの便まで、時間があったので、ラウンジで一休みする事にしました。こんな時に便利なのが、プライオリティ・パスです。このカード持っていれば、無料で世界の空港のラウンジが使えちゃいます。

楽天プレミアムカードを持っていれば、無料でプライオリティ・パスも付帯します。

ラウンジは前回も利用した「THE MORE」を利用しました

参考:【台湾】桃園国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジ「The More」に行ってきた。

休憩していると、あっという間に搭乗時間になりました。

つづく。

航空券はこちら→【エクスペディア】スマホからベトナム・ホーチミン行きの航空券とホテル予約したよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>