ホーチミンで食べたもの。ベトナムはご飯が美味しい。| ベトナム・ホーチミン旅行記

スポンサーリンク

いやー噂には聞いてましたが、ベトナム料理本当にどれも美味しかったです。基本的に、東南アジアの食べ物は大好きですが、ベトナム料理は又別物ですね。

今回は僕がホーチミンで食べたベトナム料理の写真を紹介します。

フォー

ベトナム料理

ベトナム料理で1番ポピュラーなのは、やはり「PHO(フォー)」でしょう。

フォーはベトナム料理を代表する米粉の麺で、米粉と水で作るライスヌードルです。見た目は日本で言う細いきしめんのような形をしているので、一見日本のうどんのように見えます。日本のうどんは鰹節やいりこなどのだしでスープを作りますが、フォーは鶏骨や牛骨でだしを取った透明感のあるあっさりとしたスープでたべます。鶏のスープの場合はPHO GA(フォーガー)、牛のスープの場合はPHO BO(フォーボー)と言います。

参考:ベトナム料理と食文化

ベトナムで滞在したホテル「REX HOTEL」の朝食で毎日食べました。

ブログ書いてたら、また食べたくなってきました。

生春巻きと揚げ春巻き

日本でも人気料理なので、食べたことある方も多いと思います。生春巻きと揚げ春巻き。

こちらも絶品でした。

生春巻きはゴイクオンと呼ばれ、米粉を使った薄い皮(ライスペーパー)にエビやレタス、その他ビーフンなど好みの具を包んだベトナムの代表料理のひとつです。
一方、生春巻きに劣らず人気があるのが揚げ春巻きです。この揚げ春巻きはひき肉やきくらげ、蟹肉、春雨などをライスペーパーに包んで揚げたもので、中華料理の春巻きよりもかなり小粒です。

生春巻き↓
生春巻き

揚げ春巻き↓
揚げ春巻き

バイン・ミー

バイン・ミー

タイ在住の友達にすすめてもらった「バイン・ミー」です。路上でオバサンが売ってます。100円くらいだったと思います。

「バインミー」とはベトナム語でパンのこと。ベトナム特有の軽~くサクサクしたフランスパンにパテやハムやたまごなどメインになる具材を挟み、生野菜となます、香草やチリがピリっとした味のアクセントに。最後はシーズニングソースをしゃしゃっとかけて味をしめて出来上がり!

バインミー サンドイッチ

バイン・ミーは癖になる味です。パクチーが好きな人には堪らないと思います。

他のベトナム料理

ベトナムのサイゴンビール↓

サイゴンビール

フランスパンに乗せて食べました。フランスの食文化の影響も受けているベトナム料理。

ベトナム料理

ベトナム ご飯

空芯菜↓
ベトナム

という事で毎日ベトナム料理を堪能できました。ハノイ料理はまた南とは違うらしいので、ハノイでも食べ歩きしてみたいです。

いじょう、またよし れい(;@sayobs)でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>