「子供にも大人と同じ一流のモノを見せる・聴かせる」山田 なづちゃんと山田優樹さん親子。

スポンサーリンク

Yamada nazu

昨晩たまたまYouTubeをサーフィンしていたら、つい最近沖縄で始まったTV番組「※X Factor Okinawa Japan」の第2次オーディションの様子を見つけたので、何気なしに観ていたら、椅子から転げ落ちそうになりました。

何故かというと知り合いが出ていて、その娘さんが唄っていたからです。※X Factor Okinawa Japanはイギリスのリアリティ音楽オーディション番組が日本に上陸したもの。

山田優樹さんと僕

冒頭に知り合いと書きましたが、どなたかと言いますと、沖縄出身の脚本家”山田優樹”さんです。沖縄の特撮ドラマ「琉神マブヤー」や「ハルサーエイカー」の脚本家です。

僕は「ハルサーエイカー」の大ファンで、昨年に山田さんにインタビューをさせてもらいました。

参考:琉神マブヤーを超える沖縄の新ヒロイン誕生! ハルサーエイカーの魅力にせまる(1/3) – ウレぴあ総研

その時のインタビューの中で僕が1番に印象に残っていた事があります。この僕が大好きな「ハルサーエイカー」なんですけど、これどう観ても、子供向けに創られてないんですよね。

大人向けに創られてると思って、山田さんに胸の内を聞いてみたんです。

「ハルサーエイカーの視聴者のターゲット層は大人ですか?それとも子供ですか?」と僕は聞きました。

すると山田さんは、「子供にも大人にも一流のモノを見せたいと思って作っています。自分の子供にも自分と同じ映画、同じ音楽を聞かせていますよ。

この言葉は本当に衝撃的でした。

インタビューが終わった後に山田さんのiPhoneに録音された娘さんの歌声を聴かせてもらいました。今でも鮮明に覚えています。Black Eyed PeasのThe Timeでした。ラップ部分とサビ部分を聴かせて、もらったのですが、英語の発音も完璧でした。(ちなみに英語は全くわからないらしいです。)

その娘さんが僕が昨晩たまたま観た「X Factor Okinawa Japan」の第2次オーディションで唄っている「山田なづ」ちゃんでした。一流の映画、音楽を娘さんにも聴かせた結果。

これが山田なづちゃんの歌声です。

皆さん子供だからといって、子供向けのモノを与えていませんか?彼らは実は大人より吸収力も何倍も高く、感受性も豊なんですよね。

山田なづちゃんの歌声を聞いて又思い出しました。

お子さんが居る親御さんはどう思いますか?

いじょう、またよし れい(@sayobs)でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>