【30日間チャレンジ】ずっとやりたかった中国語を勉強するために、1ヶ月間中国に留学してきます。

またよし れい

昔からずっと習得したかった言語があります。中国語です。何度も始めては挫折をしての繰り返しでした。

今も中国語を中国人の先生から週1で習っているのですが、それでも中々モチベーションを保つのが大変です。僕は年末年始に、どこかに行ってする仕事がありません。この時間もったいないので、この機会に中国に短期留学する事に決めました。

ずっとやりたいかった事への挑戦です。

30日間チャレンジ

Googleのマット・カッツ氏の「30日間チャレンジ」を観て、30日間チャレンジで習慣は作れる。中国語を完全に習得するのは、無理でしょうけど、中国語勉強を習慣化するには、良いチャンスだと思います。

中国に留学してしまえば、嫌でも毎日中国語に触れる事になります。僕は好きで行くので、嫌ではないですが(笑)ちなみに、僕は上海にある大学の冬季プログラムに参加します。中国は旧正月を盛大に祝うので、日本の正月でも通常営業です。

上海を選んだ理由

ちょうど僕のスケジュールと、ガッチリはまったプログラムがある学校を見つけたのが1つの理由です。もう1つは、上海に友達が居る事、ビジネス面での上海を実際に現地に住んで感じてみたいと思ったからです。

上海で働くビジネスマンと、多く繋がれたら嬉しいなと思っています。以前パスポートを紛失した時に知り合った、女性とも連絡をとっているので、色々なビジネスマンを紹介してもらえそうです。

参考:上海の空港でパスポートを失くし、ケリー・チャン似の謎の女性との出会う。

僕の中国語のレベル

ピンインと簡単な挨拶・レストランでの注文ができる程度の初心者レベルです。ここから抜けて、日常会話ができるレベルくらいまで押し上げたいですね。学校は平日毎日授業があります。大学の寮に滞在します。

学校の授業だけで足りない場合は、中国人の家庭教師を雇おうと思っています。

中国語を習得して、何の役に立つの?

僕は人と話のが大好きです。人種・国に関わらず色々な人と出会い、話すのが好きです。英語を勉強したお陰で、世界中に友達が出来ました。色々な情報を吸収する事ができました。多様な文化に触れる事ができました。

ご存知の通り、中国語を話す人は世界にたくさん居ます。僕が良く行く東南アジアでも、中国語を話す人はたくさん居ます。中国語が話せたら、さらに多くの人と大好きなおしゃべりが出来るでしょう。

僕の場合、仕事で使えるから中国語を勉強する!というより、たくさんの人と話したいし、語学が好きだからって理由が1番です。結果的に仕事に繋がる可能性はあるかもしれませんけどね。

さいごに

中国留学中の様子は、当ブログでも日々伝えていくつもりです。PM2.5(大気汚染)の問題がありますが、何とかなるでしょう(笑)

人生は冒険だ!皆さんも、ずっとやりたかった事に挑戦してみませんか?再見!

こちらも合わせてどうぞ

これから留学しようと思ってる人は、他人に相談なんてやめておけ。

知らない土地に行った時に、いつも思う事 。

[手紙]あの頃の僕とカッコイイおじさんへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>