海外旅行・空港で待たずに、スイスイ進む6つのコツ

スポンサーリンク

空港
年間50回くらい飛行機に乗っています。空港のストレスといえば、とにかく待たされる事です。

僕も数をこなしていくうちに、空港でなるだけ待たずに、スイスイ進むコツがわかってきたのでシェアします。

荷物を1つにする。


またよしれい
まずがこれ。僕はどこ行くのも大体カバンは1つしか持っていきません。お気に入りは「ひらくPCバッグ」。

これにはいくつか理由があります。カバン1つなら、機内の足元にカバンを収納できます。

機内の頭の上の棚に入れても良いんだけど、出す時にタイミング合わないと飛行機から出る時に、機内で結構な時間待ちますからね。

チェックイン時に、荷物を預ける事を回避できるので、飛行機から降りたら、すぐに空港から出れます。スーツケースを預けて、現地に到着して、カバン出てくるのって結構待ちます。

カバン1つだと劇的に待つ時間を短く出来ますよ。

カバン1つで海外旅行のすゝめ

ウェブチェックイン


航空会社によっては、ウェブチェックインが出来るところあります。そうすると、わざわざ空港に2時間前に行って長蛇の列に並んでチェックインしなくて済みます。

僕は飛行機に乗る事が多いので、ウェブチェックイン出来る時は、なるだけウェブチェックインか、対人ではなく、機械でチェックインしてます。預ける荷物もないですからね。

荷物検査場までの裏ワザ


これ本当は教えたくないんですけど(笑)成田空港でも、関空でも大きい空港には、出発口が2つあります。

チェックイン中に、航空会社のスタッフに「あちらの北出発口からお入り頂いて、ゲートまで向かってください」と、搭乗ゲートから近い出発口を案内されます。

しかし、出発口は時間帯によって、1つの方が極端に混む事があります。

出発口は全部最終的には繋がっているので、あえて混んでる方に並ばなくてもOKなんです。

僕の経験上だいたい片方がガラガラな事が多いので、空いてる方から入場しています。

荷物検査を素早く通り抜ける


荷物検査は毎回本当に面倒です。パソコンやタブレットはすぐ出せる場所にしまっておいてください。

ポケットに入っている金属製品も全部出せるようにしておきます。ベルトでひっかかる人多いので、ベルトも外しましょう。
ちなみに僕はベルトしてません(笑)

出入国審査は自動化ゲート


日本での出入国審査の列に並ばずに、自動化ゲートが使えるようになりました。

最近は専ら自動化ゲートつかています。

出入国自動化ゲートを関西国際空港で登録してきました。これで出入国審査を待たずに行けるぞ!

搭乗のコールがあってもすぐに乗らない。


搭乗が始まると、また長蛇の列ができますが、あれ並んでも全く意味ないです。
最初に乗ったからといって、到着するのが早くなる事はありません。皆一緒です。

かといって、最後の最後に搭乗口に向かうのもオススメできません。最後に行くと結局機内に乗る前に通路が人で混み合っているので、立って待つからです。

搭乗が始まってある程度時間が経過すると、列がなくなるので、そのタイミングで搭乗するのが1番ストレスありまりませんよ。

さいごに


いかがだったでしょうか?もし、皆さんの空港で待たなずに、スイスイ進むコツがあれば、コメント欄かTwitterで教えてください♪

僕はこれから出張で沖縄県の北大東島に行ってきます♪

年会費無料 クレジットカード

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>