エポスカードのデメリットとは?年会費無料で海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカード。

Epos

海外旅行に行く際には、必ず海外旅行保険に加入する事をおすすめしています。僕も何度か海外の病院のお世話になっています。

海外保険なしだと高額な医療費がかかりますが、渡航先で万が一病気になったり、事故にあっても、保険に入っていれば、安心です。

あまり知られていないのですが、実はいくつかのクレジットカードには海外旅行保険が無料で付帯しています。

今回紹介するのは、トラベラーに人気のエポスカードです。

エポスカードは、年会費が永年無料で海外旅行保険が付帯しています。しかも、持っていれば良いだけの、海外旅行保険自動付帯です。

年会費無料で海外旅行保険も無料で付いてくる?そんな美味しい話あるの??

僕は友達や家族にはエポスカードを作る事をすすめていますが、今回はエポスカードのデメリットも合わせて紹介します。

Arrowエポスカードの公式ページを見てみる

エポスカードのキャッシュレス医療をインドで利用してきた

世界遺産タージ・マハルを見て大いに感動した後、次に僕を待ち受けていたのは「インドの洗礼」でした。

「インドに行ったら、必ず下痢になる」海外慣れしている僕に限って、なんてたかをくくっていましたが、インド滞在3日目で早くも僕のお腹に悲劇が襲いました。

お腹の痛みは全くないのですが、身体のあらゆる水分が下から流れていきます。いつ漏らしてもおかしくない状況 社会人としての尊厳を失ってもおかしくない状況に陥った僕はインドの病院に行く事にしました。

海外で病気になっても安心していられるのは「エポスカードの付帯保険」があるからです。

エポスカードは、持っているだけで海外旅行保険が自動付帯していて、しかもキャッシュレス医療に対応しています。

キャッシュレス医療とは?

現地の病院で受診をしても、自身でお金を一切建て替える事なく※保険会社がすべてお金を払ってくれます。

※エポスカードの保険会社は「三井住友海上」

それではエポスカードのキャッシュレス医療(インドの病院)体験記を紹介します。

<キャッシュレス医療を受けるまでの流れ>

  1. エポスカード海外旅行保険事故受付センターに電話
  2. キャッシュレス医療対応の病院を紹介してもらう
  3. 病院に行ってスタッフを会う
  4. 診療
  5. 薬を受け取る

終了

エポスカード海外旅行保険事故受付センターに電話

インドに滞在中だったので、「000-800-1007-799(インド窓口)」に架電します。体調を崩した事を説明し、キャッシュレス医療に対応している病院をオペレーターさんにお願いします。オペレーターは24時間日本語でのサポートをしてくれます。

すると、以下の情報を聞かれます。

  • エポスカードのカード番号
  • 本人確認(生年月日、住所、電話番号)
  • 症状
  • 滞在中のホテル名、住所

すると、オペレーターさんより現地の病院を探すので見つかり次第折り返しますと言われるので、しばらく待ちます。

渡航先別・連絡先

地域 滞在地 電話番号
北米・中南米
ハワイ・グァム
サイパン
アメリカ本土・アラスカ・
ハワイ・グァム・サイパン
1-877-502-7769
アルゼンチン 0800-666-3660
ウルグアイ 0004-019-0421
カナダ 1-877-791-2152
コロンビア 018005-18-1438
ブラジル 0800-892-3132
メキシコ 001-800-514-6596
アジア 中国(北部)※1 10800-813-2786
中国(南部)※2 10800-481-2969
香港 800-905-135
台湾 00801-814655
韓国 00798-817-1705
シンガポール 800-810-2357
インド 000-800-1007-799
インドネシア 001-803-00811-305
タイ 001-800-814-5147
フィリピン 1-800-1-816-0283
マレーシア 1-800-81-5073
スリランカ 011-2422-101
オセアニア オーストラリア 1-800-101-264
ニュージーランド 0800-885-056
ヨーロッパ
アフリカ
中近東
ロシア
アイスランド 800-9659
アイルランド 1-800-948316
アラブ首長国連邦 800-0-813-0045
イギリス 0808-234-3814
イスラエル 1-80-94-56597
イタリア 800-789645
オーストリア 0800-296-203
オランダ 0800-022-8299
ギリシャ 00-800-161-2206-6597
スイス 0800-83-8822
スウェーデン 020-79-2611
スペイン 900-9-581-74
チェコ 800-700-970
デンマーク 8088-7050
ドイツ 0800-1812572
ノルウェー 8001-6297
ハンガリー 06-800-190-41
フランス 0800-915-303
ベルギー 0800-79163
ポーランド 0-0-800-8113-251
ポルトガル 800-827-653
南アフリカ 0-800-983-173
モナコ 800-93-697
ルクセンブルク 8002-3819
ロシア 810-800-2057-4081
上記以外の地域
または無料電話がご利用いただけない場合
81-18-888-8808

<エポスカード公式ページより引用>

現地の病院へ

Hospital 3

しばらくすると先方より電話がかかってきて、近くのキャッシュレス医療に対応している病院を紹介されます。僕が紹介されたのは、「MAX HOSPITAL SAKET」というニューデリーにある病院です。

入り口にスタッフが待機しているとの事でしたので、場所を確認して、病院に向かいました。ちなみにインドではUberの利用をオススメします。

エポスカードとパスポートは必ず携帯してください。忘れると受診できなくなります。

インドの病院はセキュリティも厳しいので、なるだけ身軽な格好で行く事をオススメします。一眼カメラなどを持っていると中に入れません。

スタッフがいない

キャッシュレス医療

病院が思った以上大きくて3棟もビルがあり、どれかわかりません。3つ全ての棟に行ったのですが、スタッフらしき人は見つかりませんでした。病院を間違えたかな?と不安になりエポスカードのオペレーターに電話し、再度確認してもらい何とかスタッフをおちあう事ができました。

ちなみにスタッフはインド人で、英語は話せますが、日本語は話せませんでした。韓国や香港、タイ、ハワイ、アメリカなどの国は日本人も多いので、日本語ができるスタッフがいると思いますが、インドでは中々難しいかもしれません。

なので念のため自分の症状を説明できるように電子辞書を持っていくと良いと思います。

キャッシュレス医療のための書類を書く

インド人スタッフAさんに連れられ「内科」に向かいました。待合室で、書類を記入します。日本語の同意書と英語の同意書2枚にサインし、クレジットカードとパスポートをスタッフAさんに渡します。

5分くらい待っていると診察室に呼ばれ、血圧、酸素量、体温、身長、体重を測られました。測定が終わると、一旦待合室に戻り3分後くらいにまた診察室に呼ばれ、いよいよ受診の時間です。

先生に体調を説明します。僕の先生はキレイな英語を話す方でした。英語が不安な方は予め紙に自分の症状を書いて、先生に見せるといいと思います。5分くらいで診察も終わり、処方箋をもらいます。

先生

スタッフAさんは処方箋をもって、薬剤師さんのところまで薬を取りに行ってくれます。Aさん終始とても親切で、薬の飲み方も丁寧に説明してくれました。これで全て終了です。僕は手続き的な事は一切やっていません。

Hospital 7

薬

お会計もすべてAさんがやってくれます。帰国後にする手続きも一切ありません。エポスカードのキャッシュレス医療保険は、めちゃくちゃ楽ちんでした。

早速薬を飲んだのですが、インドの薬効きますね。あんなにくだっていたお腹がものの見事に半日で復活しました。

海外キャッシングはエポスカードがおすすめ

僕はよく海外出張へ行きますが、そのたびに、日本の銀行でお金をおろす→→海外へ持って行く→現地で安い両替商を探す→現地で必要なだけ両替する、を繰り返していました。

しかし、最近はもっぱら海外キャッシングを利用しています。

海外キャッシングのメリットは、

  1. 空港や駅、繁華街などのATMで最大24時間利用できる
  2. 現地通貨をその場で必要な分だけ利用できる
  3. 大金を持ち歩く心配がない
  4. 両替商まで行かなくてよい

この中で僕が1番のメリットだと感じているのが、1番の「ATMが使える」点です。両替商は24時間営業しているところが少ないですし、空港に着いてすぐATMを利用して現地通貨が使えるのはとても便利です。飛行機が夜中や早朝に着いても、ATMは開いているのですぐ利用できます。

海外キャッシングについては、エポスカードがときどき大々的なキャンペーンをしています。エポスカードは、年会費が永年無料なのに加え、海外旅行保険が自動でついてきます。今僕が、海外旅行へ行く方などに、1番オススメしているカードです。

日本の銀行との手数料比較

まず、日本で両替した場合と、海外キャッシングを利用した場合とで、手数料を比較してみます。

行き先 日本の銀行・空港で両替 海外ATMで現地通貨キャッシング
韓国(ウォン) 7,500円 どこの国でも955円
(海外ATM手数料216円
+利息739円)
※30日後がお支払いの日の場合
香港(香港ドル) 9,000円
ハワイ(米ドル) 1,350円

※ATMで通常かかる手数料はどのクレジットカードでも同じで、1万円以下なら108円、1万円以上で216円かかります。

ここでは、30日後返済で手数料と利息で955円になっていますが、利息を減らすコツがあります。

繰り上げ返済をすれば利息が減らせる

通常の返済方法では、30日後に返済となっていますが、繰り上げ返済をして、利息を減らすことができます。つまりキャッシングしたお金をすぐに返してしまえばいいのです。

利息の計算方法は、日割計算なので、例えば5日で返済すれば、手数料利息合わせて123円になります。

具体的な計算方法は、元金残高×18.0%×据置日数÷365日です。

例:50000(円分キャッシング)×0.18(年利18%)×5(日)÷365(日)=123(円の利息)

という計算になります。

例えば、今の中国の空港で両替した場合にかかる手数料は、1回あたり50元(約1000円)もするので、キャッシングの利息を過剰に心配しなくても、それよりは安くすむ事が多いです。

実際に海外キャッシングをしてみた

香港で実際に海外キャッシングをしてみたので、画像付きで解説します。香港は街中至るところ24時間利用できるATMがあります。

少し混雑していますが、香港国際空港にもATMはあります。駅構内が1番多いです。

↓のPLUSのマークが付いているATMがあれば、エポスカードでキャッシングをする事ができます。

Plus

クレジットカードを右側の挿入口にいれます。

IMG 5343

暗証番号(4桁)をいれて、ENTERをおします。

暗証番号

「Cash Withdraw(現金を引き出す)」をプッシュ。

Cash withdram

「Credit card」を選択

クレジットカード

任意の金額を選んで、ENTERを押します。今回は「1,000HKD(香港ドル)」を下ろす事にしました。

Do you wish to continue? もYESを選択。(手数料がかかりますが、続けますか?と問われています)

ATM

少し待ちます。

待つ

レシート→クレジットカード→現金の順番で、最後に現金が出てくるので、取り忘れのないように!

現金

利息を減らすための繰り上げ返済の仕方

追記:エポスカードはウェブ上でキャッシングの返済ができます。わざわざデスクに電話をしなくても良いので、楽ちんですね。

エポスカードのカスタマーセンター(9:30〜18:00)に電話します。
電話し、海外キャッシングの繰り上げ返済をしたい旨を伝えます。そうすると、日割で利息を計算してくれるので、実際にいくら手数料がかかったかがわかります。
その後、振り込み先に、銀行から振り込みます。ただ、締日に近い場合、繰り上げ返済にしようと電話すると、利息より電話代の方がかかってしまうので注意が必要です(笑)

つまり、このカードの締日をチェックし(締日は、支払日の設定によって個人で変わります)その近日に海外キャッシングを行うと、締日までの利息しかかからないので、膨らむ利息を心配することがなくキャッシングすることができます。

海外に長く滞在する場合に、繰り上げ返済したいときには、「SMARTalk」などのアプリを使用し、日本に格安で電話をしましょう。

最大30日の金利0円キャンペーンスタート

2015年の7月1日より新サービスがスタートしました。はじめてカードキャッシングを利用すると、30日金利が0円で利用できるキャンペーンです。

はじめてのキャッシングに限り金利=利息が0円になるキャンペーンです。エポスカードを持っていて、これから海外旅行に行く方にはもってこいのキャンペーンですね。

エポスカード:唯一のデメリット

実はエポスカードは、デメリットというデメリットはありません。あえて挙げるとすれば、エポスカードはマルイ以外のお店で使うと還元率が0.5%と低いんです。マルイで使えば1〜1.5%の還元率なので、マルイを良く使う人には関係ない話です。

あとは前述の通りカードは使わなくても、持っているだけで海外旅行保険が付帯しています。年会費無料なので、とりあえず作るだけ作ってみるか!でもOKなんです。

いやーやっぱりメリットのが大きい

上記のデメリットを考慮しても、やっぱりエポスカードは、メリットが大きすぎます。一切お金をかけずに海外旅行保険が自動付帯するんですから。

現地で万が一病気になってお医者に観てもらっても、エポスカードなら医療費キャッシュレスサービスなので、現金を建て替えて払う必要もありません。

病院から直接保険会社に請求がいきます。エポスカードの保険会社は「三井住友海上」です。

クレジットカードは世界で使えるVISAなので、海外旅行中にも普通のクレジットカードとして決済する事ができます。

クレジットカードの審査も比較的甘く学生でも申請できます。

実際にエポスカードを作成した記事は↓

年会費無料で海外旅行保険も自動付帯している貴重なクレジットカードなので、海外旅行に行く予定がある人は今のうち申請しておくのが吉です。

申請もスマホから(もちろんPCからも)も数分でカンタンにできます。マルイ店舗で即日発行し、受け取る事も可能です。

Unnamed

年会費無料、エポスカードを持っているだけで「海外旅行保険が自動付帯」になります。保険会社は安心の「三井住友海上」です。VISAブランドが利用できるので、海外旅行でも活躍します。海外キャッシングにも対応しています。当サイトでも100件以上のお申込みを頂いております。もちろん、マルイでのショッピングでの優待もあります。
カード名 年会費 発行期間 死亡・後遺障害保険金 傷害治療・疾病治療保険金 個人賠償責任 携行品損害 救援者費用保険金
エポスカード 永年無料 即日 500万円 270万円 2,000万円 10万円 200万円

Arrowエポスカードの公式ページを見てみる

コメント

  1. 匿名 より:

    エポスカードは学生でも高校生でも作れますか?

  2. Ray より:

    いえ、高校生は作れません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>