香港国際空港のe-Channel(e道)自動化ゲートを申請する時に気をつける事。

スポンサーリンク

香港国際空港 e道
香港・マカオに行くたびにイミグレーションには長蛇の列ができています。このイミグレに並ばなくて済む方法があります。

e-Channel(e道)です。日本でいうところの自動化ゲートです。パスポートと指紋認証でイミグレを抜けられます。

日本での自動化については以前記事にしましたので、ご覧ください。

出入国自動化ゲートを関西国際空港で登録してきました。これで出入国審査を待たずに行けるぞ!

香港でのe-Channel(e道)の申請はいくつかの条件がありますので、紹介します。

スポンサードリンク

申請条件


香港政府の公式サイトによると

①18歳以上であること
②次のうちいずれかを持っている。
– HKSARトラベルパス
– APEC ビジネスカード (裏に‘HKG’ のプリントがある。)
– 香港国際空港 (HKIA) Frequent VisitorカードまたはFrequent Flyer Programme membership card (航空会社のプログラムメンバーカード)

③12ヶ月以内に3回以上香港国際空港から入国していた事がある方。


僕の場合は12ヶ月以内つもり1年以内に3回以上香港に渡航していますので、申請条件を満たしている事になります。

営業時間や注意点


注意①:3回以上と書かれていますが、実際に申請できるのは4回目に香港国際空港に到着した際なので3回目では申請できません。
注意②:営業時間に注意してください。

Arrival North Hall 10:00 a.m. – 6:00 p.m.
Arrival South Hall 7:30 a.m. – 11:00 p.m.

e道の申請料は無料です。e道は以下の場所でも利用できるようになります。

Hong Kong International Airport(香港国際空港)
Lo Wu(深セン)
Lok Ma Chau Spur Line(落馬洲縁)
Shenzhen Bay(深セン湾)
Macau Ferry Terminal(マカオフェリーターミナル)
China Ferry Terminal(中国フェリーターミナル)


さいごに


ゴールデンウィークに出張で香港に行きますので、その時に実際に申請してきます。

申請時のレポートもしますので、お楽しみに!Stay tuned:)

海外旅行保険を無料にする裏ワザも公開中です。

海外旅行保険を安く済ませるために自動付帯のクレジットカードを持とう


追記:実際に行ってきました!↓
【体験記】香港でe道を実際に申請してきたよ!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>