【体験記】香港でe道を実際に申請してきたよ!

スポンサーリンク

hong kong e-channel

このたび、香港国際空港で自動化ゲート(e-channel)の申請に成功しました。

これで入国審査で長い行列に並ばなくて済みます。香港もマカオも深センもe道のゲートを通る事ができます。

申請条件については、前回記事に書いてますので、参考にしてください↓

http://www.lastday.jp/2014/03/30/e-channel-hong-kong-air-port

e道の申請方法

入国審査を終えて、すぐの所にe道の申請箇所があります。

ドアを出てしまうと、申請できなくなりますので、お気をつけください。

e-channnel

他の方の話では、申請には英語か中国語が必要とありましたが、職員との会話はほぼ皆無でしたので、誰でも条件を満たしてれば申請できると思います。

登録自体も時間がかかると思いきゃ、5分もかからずアッサリ終了しました。

右指と左指の指紋をとって、パスポートにバーコードがついたシールを貼ってもらえば終わります。

パスポート汚くて、すみません(笑)

Pass

自動化ゲート便利なので、世界中の空港で使えるようになると嬉しいです。

日本でも自動化ゲートが使えますので、まずは日本で申請してみてはいかがでしょうか?

出入国自動化ゲートを関西国際空港で登録してきました。これで出入国審査を待たずに行けるぞ!

こちらも合わせてどうぞ

【年会費無料】クレジットカードの海外旅行保険で医療費キャッシュレスサービスのおすすめ2枚

海外に1ヶ月住む際に必要だったアイテム18個

海外旅行に行く時にEvernoteのオフラインノートに入れている10個の書類。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>