カンタン!2桁の掛け算が5秒で出来るようになる「インド式速算術」。

「インド式速算術」という言葉は、何年か前から聞いた事がありました。「インド式速算術」に関する書籍は何冊も出版されていたのは、知っていたのですが、あまり気に留めていませんでした。

しかし、実際に少し勉強してみると、

「もっと早く知っておけばよかった!計算するのが楽しい!」と、思った正直な感想です。

「インド式速算術」を正直なめていた。

と、いう事で早速勉強した事をここで共有します。突然ですが、↓の問題5秒以内に暗算で解けますか?

32×11

これを「インド式速算術」で解いていきます。

STEP1. 32で「百の位と一の位」は、それぞれ3と2になります。

STEP2. 十の位は3と2の足したものになります。従って5です。

画像で解説します↓

Math

答えは、352です。

11の段は、すべての↑の方法があてはまります。

22×11 = 242

35×11 = 385

この方法を覚えると、5秒以内に答える事ができますよね!すごい!

100に近い2桁の掛け算

次はもう少し難易度の高い計算です。

99×97 この問題を5秒で解けるようにします。

STEP1. 99と97それぞれ100より大きいか小さいかを比べます。この場合、100より99は-01で、97は-03となります。

99の横に-01、97の横に-03と書いてください。

STEP2. クロスで引き算します。97 – 01 = 96になります。今度は縦に掛け算をします。01 × 03 = 03になります。

詳しくは↓の画像をご覧頂くとわかります。

Handred

これで答えを導きだす事ができました。「インド式速算術」は、従来の計算方法よりスピーディーに答えを出せます。

計算方法がシンプルな事もあり、ケアレスミスが減りそうです。

算数って奥が深いですね。

私はアメリカの大学に行っていたのですが、英語の勉強もコツがわかると、飛躍的に伸びるんですよね。

インド式速算術の参考本

コメント

  1. 植物図鑑運命の恋拾いましたfan より:

    思ってたより面白いし簡単

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>