もう音楽なんて売れないからミュージシャンはYouTuberに楽曲を提供しよう!

Youtube
CDに限らずiTunesストアでも音楽の売上は、どんどん落ちています。今の時代音楽はSpotifyやYouTubeなどを使えば、無料で聞けるのでお金を払ってまで音楽を聞きたい人が少なくなっています。

日本の音楽市場、前年比16.7%減 Spotify上陸予想で「今年は変化」も – ITmedia ニュース

この流れは止まる事はないでしょう。ミュージシャンは「音楽が売れなくなった。もう手の打ちようがない。」と嘆いてるだけではいけません。時代は常に変わっているのだから、前を向いて打開策をという事で、僕が思いつく打開策を提案します。

無料でダウンロードなんてもう古い


「音源を買ってもらえなくなったから、まずは僕らの音楽を知ってもらうために無料で音源を提供します!」「曲が気に入ってもらえたら、僕らのライブに来てくれ!」

良い心構えだけど、もう皆やってるので遅いです。最初の頃にやれば話題になったかもしれないけど、そもそも前述した通り音楽はYouTubeで無料で聞ける時代です。大物アーティストだって、無料ダウンロードとか無料でPVを公開しているのに、知りもしないミュージシャンの曲は無料でも聞いてもらえる確率低いと思います。

人気YouTuberに音源を提供しよう!


日本でもYouTuberの存在は日に日に大きくなってきています。人気YouTuberは動画をアップすると、その日のうちに再生回数が5万ビュー、10万ビューを叩き出します。

ブログでは考えられない数字です。

1人で月間4000万ビュー!!もう誰もYouTuberの勢いを止められない。

しかし、YouTube界でとても残念な事があります。アメリカのYouTuberは過去に、音楽や映像の著作権の問題で裁判沙汰になった事があります。

著作権侵害で訴えられたYouTubeの大スター、請求額は「1曲あたり1,500万円」 « WIRED.jp

その影響もあり今YouTubeでは、皆同じような著作権フリーの音源を使っているんです。これ凄くもったいないですよね。どのYouTuberもみーんな同じBGMです。YouTuberだって、オリジナルの音源を使いたいはずです。

そこでミュージシャンの皆さん!皆さんのターンです。人気YouTuberに楽曲を無償提供しましょう。 どちらにとっても得な話ですよね。

YouTuberには無料で提供する変わりに、アーティスト名と曲名のクレジットを表記してくださいとお願いすればOKです。良い曲であれば、必ずコメント欄に「BGMは何ていう曲なの?」という質問が殺到します。

1日に5万ビュー、10万ビューを見てもらおうと思ったら大変です。莫大な広告費が発生するでしょう。しかし、この方法を使えば無名のアーティストでも、世の中の人に知ってもらえるチャンスになります。

という事で音楽が売れなくて悩んでるアーティストの皆さん今すぐYouTuberに問い合わせてみましょう!

僕がチャンネル登録している注目株のYouTuber7人

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

詳しいプロフィールはこちら>>>

1 個のコメント

  • コメント0件
    不思議ですねえ。
    大物YouTuberの私に音楽提供してどうぞ ワーオ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。