【2日目】マレーシアのインタナショナルスクール見学、クアラルンプール在住の方と食事会をしてきました。| マレーシアビジネスツアー開催しました。

Sayfol

1日目のつづきです。

まずはクアラルンプールにあるインターナショナルスクール「Sayfol International School」の見学に行ってきました。

マレーシアはタクシー代が安いので、タクシーで行くのが無難です。(市内からSayfolまで結構距離があります。)

マレーシアの教育事情については、以前に記事にしているのでお読みください。

家族でマレーシアに海外教育移住の話が面白い!

【マレーシア教育移住】現地学校のメリットとデメリットを調べてみた

※学校見学には事前アポイントメントが必要です。
※写真提供:THE ROAD AHEAD v6.0 | 南の島の物欲と旅行と食べ歩きBLOG

Sayfol International School

今回チャンさんというマレーシア人女性に学校案内をして頂きました。日本人にもわかりやすい英語で説明してくださいました。

Sayfol International Schoolは80%が留学生で、大半が韓国人との事です。日本人も数名在籍しています。授業はすべて英語で、イギリス式の教育方法が組み込まれています。

マレーシアの中でも比較的授業料が安いです。学年によって違いますが入学金・授業料を含めて日本円で約60万円です(1年間)。寮もあるので、親元を離れて1人で留学しているお子さんも在籍されているとの事でした。

小学生までのお子さんは入学前に英語ができない場合は、入学後に集中英語補修コースで英語を学ぶ事ができます。

上記に書いた内容は学校のホームページで閲覧する事ができます。

校門には常にセキュリティ(ガードマン)が居ます。校内の写真撮影は禁止でした。

クアラルンプールの電気街

Dennnou

インター見学後は、ブキビンタンにある「Plaza Low Yat」に行ってきました。タイ・バンコクにある「MBK」のような電脳ビルです。

5階建てのビルに所狭しと、スマホやらデジカメやら電化製品が並んでいます。僕はChromeBookを見たかったんですけど、置いてませんでした(涙)

IT会

Hakka

夜はブキッ・ビンタンのパビリオン(高級デパート)すぐ裏にある客家(HAKKA)レストランにて、クアラルンプール在住の方たちとお食事会をしました。

久々にお会いした方、はじめてお会いする方達と交流してきました。今回この場をセッティングしてくださったウェブメディア「BATTERA」の福島さんに感謝です。

クアラルンプール飲み会

鍋

やはり現地に実際に住んでいる方の情報は面白いです。ネットで得られない情報が沢山あります。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

さいごに

今回はマレーシアでは初のビジネスツアーを開催しました。マレーシア企業と業務提携したり、インターナショナルスクールを見学したりと今回も色々収穫ありなツアーになったかなと思っています。

ビジネスツアー後は、ベトナム・ダナンに行きましたので、現地の様子をレポート致します。

マレーシアで得た面白い情報は有料オンラインコミュニティ「海外を旅しながら仕事をする力」で発信中です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>