成田国際空港の訪日外国人対応が進んでいた

TV

色々な国に行って思うのは、やはり日本のインバウンドはまだまだ伸びしろがあるという事です。歴史、建造物、文化、食、など誇れるものが既にあります。パリやニューヨークも見たけれど、日本は世界一の観光大国になれる可能性が十分にあります。外から自国を俯瞰できる人を増やす事がこれからの我々の課題。俯瞰とは良い点も悪い点も偏りなく冷静に判断出来る視座を持つという事です。

インバウンドを伸ばすには、その国の玄関である空港のサービス向上というのは大きなポイントになります。海外の空港で不快に感じる事があったり、イライラした経験があると次にまたこの国に来たいと思えなくなってしまいます。

「世界最悪空港ワースト1位」という不名誉を3年連続で獲得しているフィリピン・マニラにあるニノイ・アキノ空港も近年は空港の治安向上に力をいれています。

日本の空港はどうなんだろう?と、久々に成田空港を1時間くらい散策してみました。想像以上に日本の空港はレベルが高いと感じました。特に素晴らしいなと思ったのが、日本らしく自動販売機(simカードや、両替機など)が活躍していた事です。

フリーWiFi、充電コーナーも充実していますね。

現金だけでなく、クレジットカードや銀聯カードにも対応しています。日本に到着したばかりの人達は日本円を持ってない方が多いので、現金なしで色々なサービスが受けられるのはとても有り難い事なのです。

という事で、僕が成田空港を歩いていて、見つけた日本の空港の良い点を挙げていきます。

インフォメーション

Info

インフォメーション(案内所)には、沢山の外国人が道を尋ねに訪れます。スタッフの方達は日本語と英語に対応しています。中国語、韓国語は、TV電話でオペレーターと話す事ができるようになってます。今後外国人が増えれば、他の言語にも対応できそうですね。

外貨両替

銀行の両替所と無人の自動両替機があります。ATMも設置されているので、そこからキャッシングする外国人も多いようです。

Simカード

Sim

sim

自動販売機でsimカードを販売しています。クレジットカードも利用出来ます。サイズも普通、マイクロ、ナノに対応していました。有人のカウンターもあります。

荷物預け所

Locker

成田空港にはトランジット(乗り換え)で来ている外国人もいます。次のフライトまで長い空き時間があれば、その間に東京観光をしたい人もいます。そうなると、荷物を一時的に預けたいという需要があります。
こちらも有人、無人のロッカーが設置されていました。

礼拝所

Prayer

最も遅れているなと感じていたイスラーム教徒への対応が着々と進んでいました。JALやANAも機内食でようやくハラルに対応したようです。

成田空港にもイスラーム教徒用の礼拝所が出来ていました。2020年までに世界の1/4はイスラーム教徒になると予想されているので日本のインバウンドを考える上で無視はできません。

中国人対応

Alipay
訪日外国人観光客で1番多いのが中国からの旅行者です。羽田空港の免税店がWeChat Payに対応し始めました。財布、クレジットカードなしで買い物出来るようになり、中国人観光客がとても喜んでいます。都内の一部店舗で、AliPay支付宝も対応しているとの事です。インバウンドビジネスもスピードが命です。

バスの時間が正確

Bus

毎度感心するのが、日本の空港リムジンバスのオペレーション能力が高さです。バス乗り場が30個以上ある中で、5分おきにバスが来てほぼ遅延なしで出発し、そして目的地まで到着します。本部と常に連絡を取っていて、渋滞が発生していれば下道を走行して、再度高速道路に乗るというような事をやっています。

日本のバスのオペレーションの高さには脱帽です。

さいごに

こうして書いて整理してみると、やはり日本の空港は素晴らしいなと思います。実は日本の空港が1番AIに対応するのが早いかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>