【年会費無料】海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードで医療費キャッシュレスサービスも付いてくるおすすめ2枚

海外旅行は、トラブルが付き物です。万が一のために、海外旅行保険に加入している方がほとんどでしょう。僕も毎月海外出張に行っていますが、現地では思わぬ怪我・病気にかかる事は珍しくありません。

ちなみに僕はタイで何回か食中毒になった事があります(涙)海外で保険に入らずに、病院に行くと何百万円も請求がきた!とならないように予め海外旅行保険に加入する事をオススメしています。

空港で海外旅行保険にも加入する事はできますが、結構値段が高いので躊躇してしまう方もいると思います。しかし、なんとクレジットカードにも海外旅行保険が付帯しているものがあります。

前回クレジットカードにも自動で海外旅行保険が付いているという事を記事にしました。

海外旅行保険を安く済ませるために自動付帯のクレジットカードを持とう!

クレジットカードに海外旅行保険が自動付帯であっても、通常であれば現地での医療費はこちらで一旦建て替えてから、後日保険会社より医療費を返金してもらえます。

しかし、クレジットカードにも医療費キャッシュレスサービスという制度があります。キャッシュレスというのは、つまり現金不要という意味です。

病院でお金を一切払わなくてもOKな、めちゃくちゃ便利なサービスなんです。

全部のクレジットカードでありませんが、今日紹介するクレジットカードにはこのキャッシュレスサービスが付与されています。ゴールドカードでは手厚いサービスを提供している会社も多く存在しますが、数少ない年会費無料のクレジットカードを今回は紹介します。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードかつ医療費キャッシュレス

僕がおすすめするエポスカードと、JCB EITカードは年会費無料な上、保険も自動付帯で、医療費キャッシュレスサービスまで付いています。

これ何が便利かと言うと、現地で例えば手術をして、200万円の請求があったとします。後日クレジットカードの保険でカバーする事ができるんですけど、まずは、現地の通貨で建て替えておかないといけないんです。200万円分もの大金を普通は現地の通貨を持ち歩かないですよね。

その時に、この医療費キャッシュレスサービスが重宝します。クレジットカードを持っているだけで、1円もいらずに治療してもらえます。現地の通貨で200万円カンタンに用意できる人ってそうそういないですよね。

エポスカード、JCB EITカードは共に年会費が永年無料です。おまけに、両方とも医療費キャッシュレスサービスがついています。もう一度言いますが、海外旅行保険は自動付帯なので、カードを持っているだけでOKです。他には何もいりません。航空券やホテル代もクレジットカード払いじゃなくてOKですよ。最強ですよね。

これだけメリット並べられて、デメリットないの?という方も居ると思うのですが、この2枚のカードに限っては、デメリットってほとんどないんですよね。

エポスカード

D3860 100 510137 2

年会費無料、エポスカードを持っているだけで「海外旅行保険が自動付帯」になります。保険会社は安心の「三井住友海上」です。VISAブランドが利用できるので、海外旅行でも活躍します。海外キャッシングにも対応しています。当サイトでも100件以上のお申込みを頂いております。もちろん、マルイでのショッピングでの優待もあります。
カード名年会費発行期間死亡・後遺障害保険金傷害治療・疾病治療保険金個人賠償責任携行品損害救援者費用保険金
エポスカード永年無料即日500万円200万円2,000万円10万円200万円

JCB EIT

JCBEIT
年会費無料で、持っているだけで海外旅行保険が付くカード。オンライン申し込みで、最短3日で発行されます。学生、主婦の方も審査が通りやすいカードなので、1枚作っておいて損はないカード。リボ払い専用のクレジットカードです。※下記に詳しいリンクがあります。
カード名年会費発行期間死亡・後遺障害保険金傷害治療・疾病治療保険金個人賠償責任携行品損害救援者費用保険金
JCB EIT永年無料即日500万円200万円2,000万円10万円200万円

2枚のクレジットカードのデメリットをまとめてみました。

JCB EITカードのデメリット | 海外旅行保険が自動付帯している年会費無料のクレジットカード。

エポスカードのデメリットとは?年会費無料で海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカード。

しかも、あまり知られていないのですが、保険料も2枚持っていると、2枚分の保険料が合算できます。どういう事か↓の表にまとめました。

※死亡・後遺障害保険金だけは補償額が高いクレジットカードが優先され合算はされません。

カード名死亡・後遺障害保険金傷害治療・疾病治療保険金個人賠償責任携行品損害救援者費用保険金
JCB EIT2,000万円150万円2,000万円20万円100万円
エポスカード500万円200万円(+)2,000万円(+)10万円(+)200万円(+)
合計2,000万円350万円4,000万円30万円350万円

医療費キャッシュレスサービスは、渡航先によって申請方法などが変わるので、出発前にクレジットカード会社にお問い合わせください。毎回海外旅行に行って、海外旅行保険に加入すると、結構な金額になるので、僕は毎回クレジットカードの保険で済ませています。

2枚のクレジットカードとも、学生でも申し込めますし、審査も比較的緩いです。保険料合算できるので、2枚両方申し込むのが、おすすめですが、1枚だけなら※VISAで使えるエポスカードがおすすめです。

※VISAカードは世界中で使えます。

カードの詳細は↓

年会費永年無料のエポスカード
大学生でも申し込めます。審査も比較的緩いカードです。MASTARカードも選べるので、世界で使えます。
最短3日年会費無料のJCB EITカード
海外旅行が迫っていて、急いでる人は、JCB EITカードがおすすめです。最短3日で発行できます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>