東京に滞在1週間 すべてUberで移動した感想

Uber

今週は久々に東京にきています。今年に入ってから、累計で東京には2週間くらいしか滞在できていないので、Uberのクレジット(クーポン)が以前から溜まっていました。

あまり東京に来ないので、ここで溜まっているポイントを消化してしまおうという算段です。(僕は普段は沖縄在住です。

僕のUber愛は何度か当ブログでも語っております。

Uber(高級タクシー配車サービス)と忘年会のコンボ。僕がUber中毒になった理由。

Uber 使い倒す

東京に居る間は、ほとんど人と会っていました。ここぞとばかりにスケジュールを詰め込んだので、一日平均に3件から4件くらい打ち合わせをしていました。

その間の移動は全てUberを使ってみました。本当に快適ですね。

今この記事もUber の中で書いています。Macを広げて仕事を出来るのも良いですね。ごめんなさい。ちょっと酔ってきました(笑)

前にも書きましたが、僕の場合極端な方向音痴なので、住所を言ったらピンポイントで来てくれるUberは本当に最高なんです。車も高級で運転も丁寧で、心地良いですから。

正式ローンチで更に使いやすく

Uberは3月からサービスが正式ローンチしました。配車の台数も20数台に増えたようで、営業範囲も相当広がりました。

車種も色々ありました。僕が今回の滞在で乗車したのは、ベンツ、BMW、センチュリーにエスティマやクラウンでした。

ソフトローンチ時は、港区中心でしかUberを見つけるのが困難でしたが、現在は千葉よりの東京でもUberを見つける事ができます。

大阪や沖縄、その他の地方にもサービスが広がってほしいです。

招待コードがあります。僕のところから登録してもらえると、僕とあなたに2000円づつクーポンが入ります :)

招待コードは→hhttps://uber.com/invite/ubermatayoshi

Happy Uber♪

Pocket
LINEで送る

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>