英語の発音にコンプレックスがある人は、まずは自分の発音の現状を知ろう。

English

日本人の僕らにとって最大のハードルは英語の発音ですよね。英語の発音にコンプレックスを抱いている方も多いと思います。

僕も昔から練習をしているのですが、自分の発音にコンプレックスをもってます。という事で、最近英語の発音練習を再開しました。

まずは自分の発音を聞いてみる

英語は聞いてるだけでは、絶対に上達しません。リスニング力は鍛えられても、スピーキング能力はUPしないでしょう。

ふだん自分の話している英語を客観的に聞いた事ありますか? 自分の耳から聞こえる英語と、他人が聞くあなたの英語は想像以上に違います。

手軽に自分の発音を聞く方法があります。ICレコーダーかiPhoneやスマホのボイスメモ機能を使って、自分の声を録音して聞いてみてください。

僕は初めて聞いた時に愕然としました・・・・「こんなにも下手だったのか・・・」

今回久しぶりに自分の現状を知るために、自分の英語をYouTubeに動画をアップロードしました。

いやーやっぱり思ってるのと結構違います。課題が沢山あります。

僕が初めて自分の発音を聞いたのは中学生の事です。それから試行錯誤して色々な練習法を試してきました。

僕がやっている具体的な英語発音矯正方法について詳しくは、オンラインコミュニティ「海外を旅しながら仕事をする力」に書きました。

-海外を旅しながら仕事をする力

//www.lastday.jp/2014/05/29/online-community

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>