出入国自動化ゲートを関西国際空港で登録してきました。これで出入国審査を待たずに行けるぞ!

スポンサーリンク

パスポート

以前から存在は知っていたのですが、中々タイミングが合わず、やっと今回出入国自動化ゲートの申請をする事ができました。登録自体は、とても簡単で5分もあれば終わってしまいます。

頻繁に出入国する方は、作っておいて損はありません。一度登録してしまえば、出入国審査が、パスポートと指をスキャンするだけで、スムーズに通り抜ける事ができます。

スポンサードリンク

出入国自動化ゲート登録


現在出入国自動化ゲートに対応しているのは、成田国際空港・羽田国際空港・関西国際空港・中部国際空港の4つの空港です。

僕は関西に居たので、関空で自動化ゲートの申請をしました。

4Fの出発口の案内所で聞くのが、1番早いです。

4F出発口
地図を見せてもらえます。

関空自動化ゲート
Cカウンターを抜けます。

関空Cカウンター
自動化ゲート申請所がありました。

自動化ゲート
自動化ゲート申請フォームを埋めます。

自動化ゲート申請フォーム
申請フォームを書き終えたら、係の方にパスポートと一緒に渡してください。今度は指紋認証の登録をします。

自動化ゲート 指紋認証
自動化ゲートの登録が終わると、パスポートに登録済みのスタンプを押してもらえます。

自動化ゲート 登録済み
さいごに自動化ゲートの使い方のレクチャーを受けて終了です。

自動化ゲート使い方

実際に使ってみた


※出国審査は写真撮影が禁止されています。

※登録をした以外の、空港でも自動化ゲートは利用できます。

羽田国際空港の自動化ゲートを使ってみました。3連休中という事で、空港は混雑していましたので、自動化ゲートの恩恵を早速受ける事ができました。

初めてだったので、少し戸惑いましたが、慣れたら10秒以内に通り抜けられますね。それでは、上海に行ってきます!

(【30日間チャレンジ】ずっとやりたかった中国語を勉強するために、1ヶ月間中国に留学してきます。 )

自動化ゲートの詳細はこちら>>>

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しなが仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>