JCB EITカードのデメリット | 海外旅行保険が自動付帯している年会費無料のクレジットカード。

Jcbeit

僕は海外旅行の際におすすめしているクレジットカードが2枚あります。1枚はエポスカードで、もう1枚が今回紹介するJCB EITカードです。

どちらも年会費無料が無料で、海外旅行保険が自動付帯しています。年会費無料でしかも海外旅行保険まで付いてくるなんて、そんな上手い話あるの?

そう思った方も居ると思います。僕も最初に、このクレジットカードの存在を聞いた時はビックリしました。

Arrow JCBの公式ページを見てみる

JCB EITデメリット1

名前の通りJCB EITはJCBが発行するクレジットカードです。世界的に有名で、決済に便利なVISAやマスターカードは選べません。
海外に行くと、JCBのクレジットカードが使えないお店もあるので、これが1つのデメリットですね。

ただし、JCBはアメリカンエキスプレスと提携していて、アメックスの使えるところなら、JCBで決済できるところもあります。国内はほぼできますが、海外も順次拡大しているようです。

JCB EITは年会費無料でもっているだけで、海外旅行保険は付帯していて、他には一切お金がかかりません。

海外で万が一病気になっても、現金なしで病院で診察・処置をしてもらえます。

//www.lastday.jp/2013/02/21/insurance-travelling

JCB EITデメリット2

JCB EIT最大のデメリットは、このクレジットカードは「リボ専用」だという事。

つまり通常のクレジットカードのように一括払いをする事ができず、リボ扱いになってしまいます。毎回お金を払うたびに高い金利手数料も一緒に支払う事になります。

しかし、抜け道もあります。ショッピングリボ払いの金額の設定を「全額コース」にして、毎月のお支払いを5万円以内に抑えれば手数料は無料になります。

なので、JCB EITカードは買い物を沢山する人にはおすすめではなく、海外旅行保険のためのサブカードとして持つ事をおすすめしています。

前述したとおり持っているだけで海外旅行保険が適用されちゃう素晴らしいクレジットカードですからね♪

それでもやっぱりJCB EIT

JCB EITは盗難保険も付いているし、最短3日でクレジットカードが発行されます。

QUICPayも利用できるので、手速く会計を済ませたい人は、持っているといいでしょう。

JCBカードには、ショッピングガード保険もついていて、最高100万円まで補償してくれます。(自己負担額1万円)

18歳以上なら誰でも申請できて、審査も比較的あまいようです。現に主婦や学生でも持っている人も居ますからね。

保険会社

損保ジャパン日本興亜です。

JCB EITカードのまとめ

メリット

  • 年会費無料で海外旅行保険が自動付帯。
  • 海外旅行保険がキャッシュレス。現地で現金で支払う必要なし。
  • 盗難保険が付いている。
  • ショッピングガード保険がついている。
  • 最短3日で発行されます。
  • 学生・主婦でもカードを作れる。

デメリット

  • JCBブランドなので海外で使えない場合がある。
  • リボ専用なので、支払いには気をつけましょう。
JCBEIT
年会費無料で、持っているだけで海外旅行保険が付くカード。オンライン申し込みで、最短3日で発行されます。学生、主婦の方も審査が通りやすいカードなので、1枚作っておいて損はないカード。リボ払い専用のクレジットカードです。※下記に詳しいリンクがあります。
カード名年会費発行期間死亡・後遺障害保険金傷害治療・疾病治療保険金個人賠償責任携行品損害救援者費用保険金
JCB EIT永年無料即日500万円100万円2,000万円10万円200万円

Arrow JCBの公式ページを見てみる

エポスカードのデメリットについては先日記事にしましたので、御覧ください。
エポスカードのデメリットとは?年会費無料で海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカード。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

またよし れい

執筆者:またよし れい

1983年、東京都葛飾区生まれ。アメリカのカレッジを卒業後独立。

2010年よりブログを立ち上げ、現在はブログ発信を中心に世界を旅しながら仕事をしている。

著書に『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』、『Facebookコミュニティ成功の法則』などがある。

これから起こる事を予想できる人間は居ません。唯一わかっているのは、人間は誰でも必ず死ぬという事だけです。僕は何度も言っていますが、「今」を楽しめない人は、この先の人生も楽しめないと思います。人生は「今」の連続で、その延長線上に未来はあるのです。過去に嫌な思い出があっても、「今」を楽しく生きる事で、過去の事実は変えられなくとも、過去の意味は変わってくるんではないでしょうか?

詳しいプロフィールはこちら>>>